Beby chair

ベビーチェアにも保証があります

デザインや価格を確認してベビーチェアを購入する方が多いですが、購入をする際は忘れないで確認をした方が良い部分があります。ベビーチェアは決して安い物ではありません。購入をしてすぐに壊れてしまったとなると、新しい物を購入しなくてはならない場合もありますし、修理をしなくてはならない場合もあります。
なによりすぐに壊れてしまう事によって納得する事ができない方が多いでしょう。しかし保証に入っていれば購入してすぐに壊れてしまったとしても、自分でお金を出さなくて済みます。保証と聞くと家電製品などを考えてしまいベビーチェアに保証があるはずがないと考えてしまう方も多いです。
しかししっかりと確認をしてみると数年間保証をしてくれる物もあります。長く保証をしてくれた方が良いと思ってしますが、子供が大きくなるとベビーチェアは使用をしなくなるので、ある程度の年数を保証してくれれば良いと言えます。どんなベビーチェアでも保証をつけてもらえる訳ではないので購入をする際にしっかりと確認をしましょう。
保証をつけてもらう事ができないベビーチェアは価格が安すぎる物になります。平均的な価格のベビーチェアであれば保証をつけてもらう事ができるので、保証を求めている方は平均的な価格のベビーチェアを購入しましょう。

ベビーチェア選びに迷ったら

すくすくと成長した赤ちゃんの体を支えてくれるベビーチェア。そろそろ我が家もベビーチェアを購入しようと検討されている方にベビーチェア選びに迷ったら参考にしてほしいポイントがあります。普段から食事はダイニングテーブルで食べるというご家庭ならハイチェアがおススメです。材質はパイプの場合もありますがほとんどが木製で高さのある椅子です。そして取り外しができるテーブルが付いています。椅子の高さも調整できる物や折りたためるなどバリエーションも豊富です。
ハイチェアと逆に高さの低い椅子のローチェア。こちらは普段の食事は床に座って食べるご家庭に向いています。低いため安全面で安心して使えます。そしてもう一つダイニングテーブルに適しているテーブルチェアがあります。これはテーブルにはめ込むように取り付けて使います。低いテーブルにも使うことが出来ます。使わない時間には取り外せるので部屋が狭くなりません。取り外す際も軽量なのでママさんでも動かしやすいでしょう。テーブルに取り付けるタイプなので自宅のテーブルの厚さを購入前にしっかり測ってから選びましょう。
ベビーチェアを使う子供の年齢、そして何歳頃まで使用したいのか、そして一番のポイントは自宅の部屋や家具に合わせて選ぶと良いでしょう。首がしっかりとすわってお座りが出来る頃から使い始められますが赤ちゃんだって慣れないはじめから上手に座れなくて当たり前です。安全に気を付けながら少しずつベビーチェアに慣れていけるよう練習を重ねていきましょう。

ベビーチェアにはどんな種類があるのか

赤ちゃんの正しい養育には欠かせないベビーチェアですが、ベビーチェアと一括りにしてもその種類は様々です。それぞれの違いを押さえておくことは非常に重要なポイントなので、誤った選択をしないように慎重に購入をしましょう。
まずは、ベビーチェアの高さです。ひと目見ただけでわかるほどに、ベビーチェアにはいくつかの高さの異なる種類が販売されているのです。まずは、ハイチェアと呼ばれるタイプです。その名の通り高めに設定されているベビーチェアですが、ダイニングテーブルのように大人たちと一緒に食事を楽しむことに適した椅子の種類です。また、最近では高さを調節できるタイプも販売されているため、そうしたタイプを選ぶと自宅のテーブルに合わせやすくなるでしょう。
そしてもう一つが、ローチェアと呼ばれる低いベビーチェアです。自宅では床に座って食事を取っている、というご家庭にオススメのベビーチェアです。また、座椅子の部分に柔らかい素材が使われていることが多く、赤ちゃんの腰に優しい設計となっていることの多いベビーチェアです。
他にも種類がありますが、大別してこの二つのベビーチェアが存在しています。どちらがよいかはご家庭により様々なので、自宅のテーブルを見て決定しましょう。


万が一のときのために、ベビーチェアは保証があるものを購入しておくことをおすすめします。安く購入できるのに越したことはないのですが、安すぎるとやはりデメリットもあります。大切な赤ちゃんが利用するものなので、そこは慎重に選ぶべきですね。

おすすめの記事

新着情報

TOP